読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独身SEのすべて

システム開発の実態とか趣味とかITとかマンションポエムとか。

糖質制限中にやむを得ず糖質を取ってしまった場合のその後

糖質制限していても、どうしても糖質を摂らざるを得ないシチュエーションはあります。

先日、大阪、博多と立て続けにご飯の美味しいところに遠征する機会がありました。
折角の機会に一人だけ「糖質制限中なので・・・」と断るのも興ざめかなと、特に何も気にせずに食べることにしました。

そんな時に体がどう反応するか、自分の身をもって体験した記録を残しておこうと思います。

f:id:arata32:20160713114936j:plain

旅行後の経過

一泊二日の旅行中、特に糖質量を気にせず飲み食いしました。
寿司、ラーメン、ビール etc…
飲んでは食べを繰り返し、泥酔&満腹の状態で旅を終えました。
とはいえ、キツめの糖質制限約2ヶ月の状態でしたので、胃のサイズが小さくなっていたせいか、全盛期ほどの量は食べれませんでした。

帰宅後一日目

帰宅翌日、体重計に乗ってみると体重が2.5kg増えていました。
また、旅行中に血糖値を激しく上げてしまった反動で、血糖値の下降による空腹感もなかなかのものでした。
食事はいつも通り、1食あたり糖質20gを超えないような食事に戻しています。

帰宅後二日目

体重は1.5kgほど減少し、旅行前に比べると1.0kgほど多い状態となりました。
若干の空腹感が残るものの、前日に比べると穏やかで、ピークは越した感触がありました。

帰宅後三日目

体重については、旅行での増加分がほぼチャラになっていました。
空腹感もほぼなくなっていましたので、血糖値も安定している状態になったと思われます。

結論

  • 糖分を取ると一緒に水分も貯めてしまうため、食べた以上に体重が増加します。
  • 水分による体重の増加はありますが、脂肪が大量に増えたわけではないので、概ね三日ほどで元に戻ります。絶望するには早いです。
  • 一度上げた血糖値が下がる時に、空腹感に襲われます。2日も耐えれば通常状態になりますのであきらめないでください。

一度食べてしまうとなし崩し的に食べ始めてしまいがちですが、一泊旅行程度の暴飲暴食であれば数日でリカバリ可能です。
糖質を取りすぎる事が日常的な状態にさえならなければその後も継続可能ですので、やむを得ずに糖質を取ってしまった場合も、3日ほど耐えることでまた減少傾向にもっていくことができるようです。